苑田第三病院

お問合わせ
03-5837-5111
SONODA Third Hospital

東京脊椎脊髄病センター
Spin Center

センター概要

東京脊椎脊髄病センターでは腰痛、坐骨神経痛、骨粗鬆症性脊椎骨折、頸椎椎間板ヘルニアなどに対し早期の社会復帰を実現するための最新の低侵襲手術の実施と研究を行っております。また、最近では内視鏡下腰椎椎間板ヘルニア切除術、骨粗鬆症性椎体骨折に対する椎体形成術、脊椎後弯症に対する矯正手術なども積極的に行っています。

東京脊椎脊髄病センター概要
名称 東京脊椎脊髄病センター
(医療法人社団苑田会 苑田第三病院内)
所在地 〒121-0807 東京都足立区伊興本町2丁目5番10号
電話番号 03-5837-5111(代)
センター長 星野 雅洋
病床数 117床 3階58床(一般病棟) 4階59床(回復期病棟)
建築構造 鉄筋コンクリート造 地上4階建

センター長紹介



氏名 苑田会 苑田第三病院 病院長
東京脊椎脊髄病センター センター長
星野 雅洋
MASAHIRO HOSHINO
出身大学 日本大学医学部
認定医 日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本整形外科学会リウマチ医
日本脊椎脊髄病学会外科指導医
日本リハビリテーション医学会専門医
略歴 1983年 日大医学部卒、 同整形外科入局
1991年 日大附属練馬光ケ丘病院 脊椎診療チーフ
1992年 東松山市立市民病院 整形外科医長
1998年 東松山市立市民病院 整形外科部長
2002年 東松山市立市民病院 診療部副部長(整形外科部長兼務)
2006年 東京脊椎脊髄病センター長

センターの特徴

◆腰痛と骨粗鬆症性脊椎骨折に対し早期に社会復帰できる事を実現するための最新手術(MISS)を行っております。

    • 腰痛、坐骨神経痛
    • 骨粗鬆症性脊椎骨折
    • 頸椎椎間板ヘルニア

これらの低侵襲手術、ならびに脊椎後弯矯正手術、等を行っております。

◆手術適応は年齢に関係なく、薬物療法やリハビリ、ブロック療法などの保存的な治療で改善しない腰痛および下肢痛に極めて有効とされています。
◆入院期間は約10日間。体への負担が少なく社会復帰が早いのが特長です。
◆また、最近では内視鏡下椎間板ヘルニア切除術、骨粗鬆症性椎体骨折 に対する椎体形成術なども行っています。

  ※症状によって個人差があります。



↓
ご予約・お問い合わせはコチラ

当院へのお問い合わせはこちら

03-5837-5111

電話対応時間:平日9:00~17:00(休診日:日祝日)