2

トピックス

回復期リハビリテーション病棟協会主催 第33回研究大会(千葉・舞浜)

平成31年2月21日・22日に開催された回復期リハビリテーション病棟協会主催
第33回研究大会(千葉・舞浜)にて当院より9つの演題について発表を行いました。

藤平渉太
視床出血を呈した回復期脳卒中患者に歩行時の筋活動タイミングに対して
IVESを用い歩行動作の学習に寄与した一症例
~AB型シングルケースデザインを用いて~

末永達也
当院実績指数除外患者における入院中の経過とその特徴

橋本純平
回復期リハビリテーションにおける肺炎後廃用症候群患者の
歩行自立と影響する因子について
~入院時FIMに着目した多変量解析による検討~

伊藤和則
長下肢装具を作製した脳血管障害患者の機能予後予測と退院時FIMの比較
~FIMを用いた機能予後予測を用いて~

畠 美里
入院時の運動FIM・認知FIMにより低値群、高値群のそれぞれにおいて
送別化された各群の比較

田井中美咲
経口摂取困難と判断され胃瘻造設を施行した脳室穿破合併の視床出血患者が、
3食経口摂取に至った症例

中司勇士
呼吸苦を伴う間質性肺疾患患者へのMRF-28を用いた介入
ーHRQOLの改善及び、今後の社会参加支援の重要性を示した事例ー

馬橋啓介
脳卒中片麻痺患者の上肢機能に対するIVESの効果
~随意性高値群と随意性低値群の退院時STEF・MAL(AOU)変化量の比較~

看護部
座圧センサーを利用した褥瘡ケアとスタッフ間連携の効果



2018年度 4年ぶりの苑田会大運動会開催!!

4年連続悪天候を理由に開催できなかった苑田会大運動会がなんと!
今年は無事開催する事が出来ました!
季節外れの真夏のような天候に恵まれ、スタッフ一同楽しむことが出来ました!

まずは借り人競争
“借り物競争”ではなく“借り人競争”です。
難易度別に配置されたカードを持ち、その条件を満たした人物を探す競技です。
中には“甲子園出場経験がある”や“宇宙人を撮影した事がある”などとても難易度が高いものもありました…





次の競技は綱引きです
各チームに玉ノ井部屋の力士さんが加わり力を合わせて戦います!
我が竹リハチームには山本さんが一緒に戦ってくれました!!
結果は準優勝…。後一歩でした。(写真を撮るのを忘れる程競技に夢中でした)


最後の競技は運動会の花形!リレーです!
各年代に走者を出し、チームで争います!




予選を勝ち抜き、決勝まで進みましたが、惜しくも優勝を逃してしまいました。
この悔しさは何年ぶりだったでしょうか?来年こそリベンジです。

すべての競技が終わり竹リハチームは総合3位でした!
優勝できなかったのは悔しかったですが、チーム一丸となって戦えてとても楽しい運動会となりました!
来年こそは優勝をします!


本院で脳神経外科治療を受けた患者さんへのお願い

 

当院は、全病棟回復期リハビリテーション病棟入院料1を届け出しています。


当院は、全病棟回復期リハビリテーション病棟入院料1を届け出しています。



屋外歩行訓練場「ちゃれんじ」のバージョンアップ


屋外歩行訓練場「ちゃれんじ」のバージョンアップ
 好評を頂いている「ちゃれんじ」ですが、バージョンアップを着々と進行中です。
 第一弾は「砂利プール」。これを長く伸ばして「砂利歩行路」に変更しました。
 不安定な接地面の訓練により効果が期待できます。
 

約2倍の長さになった砂利障害。

引き継がれた命。


引き継がれた命。
屋外歩行訓練場「ちゃれんじ」を彩るマリーゴールド。
 昨年植えていたものからいつの間にか種が飛んでいて、思わぬところから
芽を出して花を咲かせました。
 また次の世代に引き継がれるように大切に育てています。

まだ小さいけど元気に咲くマリーゴールド。

随意運動介助型刺激装置(IVES)のご案内



随意運動介助型刺激装置(IVES)を1日つけて、作業療法による訓練を行うとともに、訓練以外の時間でも麻痺手を積極的に使用する治療法です。
通常の電気刺激装置と違い、患者さんが自ら麻痺した指を伸ばそうとした時にのみ電極が筋活動を感知し、電気刺激により筋肉が収縮しますので、麻痺により、弱くなった力を補助してくれます。麻痺した手を実際の生活に則した動作で使うことによって訓練の効果がありますので、生活場面で麻痺した手をどのように使用していくかを主治医と作業療法士が評価を行った上で、プログラムを作成していきます。

  



[対象となる方]
①当院入院中の脳卒中による片麻痺患者(失調や不随意運動の方は除く)
②麻痺手の指を伸ばす筋肉(総指伸筋)の筋活動が表面電極で記録できる。
③感覚障害がない方、あっても軽度(目をつぶって、良い方の手で、麻痺側の親指を探して掴める)。
④失語症などの言語障害はあっても構いませんが、訓練の指示理解が可能、日常での意思の表出が
可能な方に限られます。

[使用できない方]
①ペースメーカーを使用されている方
②麻痺側上肢に異常な疼痛、しびれのある方
③麻痺手の著しい拘縮
  (指や手首の関節がすでに固くなってしまって、他動的に動かそうとしても動かせない)方
④認知症、高次脳機能障害によって訓練の施行が困難な方
⑤麻痺側前腕に金属などの体内異物がある方
⑥皮膚の問題があり、電気刺激が困難な方
⑦コントロール不良のてんかんのある方

治療の適応の有無に関しては、入院してから、上記治療対象に該当する方で、病状等の全身状態を考慮し、最終的に当院主治医が判断させて頂きます。大変申し訳ございませんが診療業務等に支障を来しますので、電話などでの個別のお問合わせにはお答えできませんので、ご容赦願います。



当院では院内に写真ギャラリーを掲示しております!(平成25年11月27日)

当院では患者様の入院期間が平均で80日~90日となります。
 そこで、入院生活の中でも”季節感”を感じて頂けるようにと、
1階の廊下に写真ギャラリーを設けています。
「季節の写真」や「ほのぼの写真」など、病院スタッフの撮影した
素人写真ではありますが、定期的に入れ替えながら展示しており、
患者様やご来訪者の方々に、大変喜ばれております。
  


PAGETOP