看護部


看護部長挨拶
「患者様の立場に立って信頼される医療を提供する」という当院の理念に基づき、わたくしたち看護部は、「患者様の気持ちに寄り添った看護」を目指します。

身体的なケアはもちろん、精神面のフォローも重視しており、毎日の入院生活に必要な看護・支援を丁寧に実践してまいります。

リハビリテーションによる回復の度合いは人それぞれであり、看護計画は個別性を重視して、患者様ひとりひとりがその人らしく安全かつ快適に生活できる環境の獲得を目標にしています。

また、働く者にとっても、リハビリテーション看護の素晴らしさを実感でき、働きやすくやりがいのある職場づくりにチカラを入れており、個々の技術面や知識面のサポート体制に加え、他職種間との連携を大切にしたチーム医療を推進しています。


看護部理念
・常に患者様の立場に立ち、愛情と温もりのある看護
・疾病や障害を持つ患者様が、その障害を克服し、再び社会復帰や在宅復帰が
できるよう各専門分野のスタッフとの協力・協調・チームワークにより、
よりよい医療・看護を提供し、精神的・身体的にサポートします。

看護部基本方針
・患者様の安全を保ち、より良い入院生活の環境を整えます。
・患者様の障害を評価し、必要な看護を提供し、障害に応じたADLの獲得を
 援助します。
・各専門分野のスタッフと協働した医療を提供します。
・竹の塚脳神経リハビリテーション病院の職員としての自覚を持ち、自己研鑚に努め
 看護の質を高めます。

平成30年度 看護部目標
1 看護の専門性を深め、チーム医療を展開し在宅復帰を目指す
2 看護・介護業務の効率化、明確化をする
3 病院経営に参画する


看護部概要
看護基準 13対1 回復期リハビリテーション病棟入院料Ⅰ
看護方式 プライマリーナーシング
看護記録 SAOP方式(紙カルテ)



看護部教育方針
・当院の理念及び看護部の理念・基本方針に基づいて、安全で質の高い看護を
提供できる看護職員を育成する。

◆研修実績

平成29年度 院内研修実績
日 付 テーマタイトル
4月21日(金) 摂食嚥下リハビリテーションのあり方
5月19日(金) 認知症
5月23日(火) 感染対策研修
6月20日(火) 医療安全とは?
6月23日(金) 退院支援調整
7月6日(木) 看護症例発表予行練習
7月7日(金) 急変対応
7月21日(金) RCA勉強会
8月16日(水) 認知症ケア加算2
8月18日(金) 褥瘡クリニカルパスの記入方法
8月30日(水) 点眼薬と緑内障
9月6日(水) 濃厚流動食(経腸栄養剤)
9月8日(金) 感染管理について
9月22日(金) カルテ見本について
10月6日(火) RCA分析について
10月24日(火) 医療機関における
個人情報保護法について
11月2日(木) 看護必要度について
11月10日(金) 「老いる」「認知症」「せん妄」について
11月21日(火) インフルエンザ・ノロウィルスについて
11月24日(金) 看護ケア上必要な高次脳機能障害の評価
12月8日(金) 退院支援調整
12月28日(火) 接遇の基本を見直そう
1月19日(金) 流動食について

◆院内研修

平成29年度 院外研修実績
日 付 テーマタイトル
6月18日(日) 重症度、医療、看護必要度評価者
院内指導者研修
6月29日(木) 東京都新人看護職員教育
担当者研修
7月8日(土) ケアの「実践・根拠」を押えた
看護記録の書き方&時間短縮のコツ
7月24日~7月25日 認知症高齢者の看護実践に必要な知識
9月23日(土) 高齢者ケア現場での間違いだらけの
感染予防策見直しとマニュアル整備、教育
10月18日~10月20日 リハビリテーション、
ケア合同研究大会久留米2017
10月28日(土) 第一回日本リハビりテーション医学界
秋季学術集会
11月23日(木) 入院中に起こりやすいBPSD対応と認知症ケア加算の実際セミナー
1月30日(火) 平成29年度第2回看護管理連絡会議




 その他、疾病に関する勉強会、VE・VF検討会、リハビリスタッフ主催の勉強会もあり、
知識を深める事ができます。


病棟生活にもリハビリを取り入れ早期家庭復帰を応援しています!

苑田会のリハビリテーション医療を担う専門病院として、2008年に開設した「竹の塚脳神経リハビリテーション病院」。
「脳血管障害」や「脳脊髄疾患」といった脳の病気を中心に「整形」や「廃用症候群」の患者様も積極的に受け入れ、PT、OT、STなど…70名を超えるリハビリスタッフと連携したチーム医療で、家庭復帰の早期実現を応援しています。

都内でも人口数が多い足立区では高齢化も著しく、リハビリテーションへのニーズは年々増加の一途。現場では入院期間の短縮化(最大6ヶ月程度)対策として、病棟リハビリテーションを積極的に取り入れています。


元気に退院される患者様を見送る喜び

 日々のモチベーションは、患者様が元気になって退院していく姿。

ストレッチャーに乗せられて寝返りもできなかった患者様が、障害を受け入れてリハビリを重ね、晴れて退院を迎える日には、まるで家族のように喜びを分かち合うことができます。

緊急入院・緊急手術・検査など急性期病院のような忙しさはなく、1日の8割の時間を患者様と過ごすことができるので、看護師も積極的に病棟リハビリに参加して、1日も早い在宅への移行をサポートしています。


回復期リハ看護師の取り組み


回復期リハ認定看護師

平成19年から開始された「回復期リハビリテーション看護認定コース」。
当院からは1名の看護師が18日間の研修会に参加し、「回復期リハ看護師」として認定されました。

取得後は、病棟患者様のADL介助についての介入にとどまらず、「摂食機能療法」を提案し看護師全体で嚥下機能のリハビリテーションを実施しています。また、VF・VEの介助に入り、医師と共に食事形態や食事介助方法等を検討しています。積極的な介入により嚥下機能の改善につながってます。

教育熱心な院長なので、院外研修や資格取得にチャレンジしやすく、学んだ知識・技術を活かす場も提供してもらえます。



子育て真っ最中のスタッフも活躍中

 苑田会は、法人合同の24時間保育室「そのだこどもらんど」をはじめ、子育てサポートが充実しており、結婚・出産後の勤続年数が伸びている法人。


 ゆとりを持って働けるリハビリテーション病院は特に、小さなお子さんをもつママさんからの応募が増えています。
20代~50代まで、年齢層が広い看護部ですが、家庭をもつスタッフばかりなので、残業は少なめです。



PAGETOP