訪問リハビリ

退院後のサポート体制について
当院訪問リハビリテーションの紹介

 退院後も継続してリハビリをしたいという希望のある方には、退院後も理学療法士・作業療法士がご自宅へ伺いリハビリを行います。

訪問リハビリの基本理念
利用者・ご家族様に
元気、安心、生きる力を・・・
その人らしい生活を・・・
地域とのつながりを・・・
与えられるようにリハビリテーションを提供します。


訪問リハビリの目的

  • 入院中にできるようになった動作や能力をご自宅でも十分に発揮できるための確認、指導
  • 退院後の回復を目指した集中的な訪問リハビリ。
  • 転倒予防のための運動療法や福祉用具・住宅改修のアドバイス。

訪問リハビリの主な内容

・関節可動域練習
関節の曲げ伸ばしを行い、動きの改善や関節が固まらないように予防します。
・筋力維持・向上練習
筋力トレーニングを行い、筋力強化や筋力低下の予防を行います。
・日常生活動作の練習
寝返り、起き上がり、立ち上がりやトイレ動作、歩行など生活場面に沿った練習を行います。
・日常生活関連動作の練習
食事の準備、洗濯などの家事動作や買い物など、家庭の役割に沿った練習を行います。
・福祉用具、住宅改修のアドバイス
福祉用具や手すり、段差解消の提案など、安全に生活できるようアドバイスを行います。
・自主トレーニング指導
ご自身で出来る簡単なトレーニングを指導します。
・家族指導
介護を行うご家族様に負担が少なく安全に介助が行えるように指導します。
・退院後の生活動作の確認や指導
入院中に獲得した動作が退院後の生活で行えているか確認、指導を行います。


当事業所訪問リハ対象者

・介護保険要介護1以上の介護が必要な方
・主治医が訪問リハビリテーションを必要と認めた方
・3カ月に1回、かかりつけ医および当院外来受診可能な方
※訪問リハビリを御希望の方は、担当のケアマネージャーにご相談頂き、その介護事業所を通じてお申込みを頂く運びとなります。


ご利用までの流れ


※3カ月毎に評価・計画をたて、サービスの見直しを行っています。



よくあるご質問

Q、訪問リハビリと通所リハビリの違いは?
A、訪問リハビリは理学療法士・作業療法士がご利用者様のご自宅に伺い、リハビリを行うのに対し、通所リハビリテーションはご利用者様が施設に通いリハビリを行います。
Q、訪問リハビリを申し込みたいけど、どうすればいい?
A、訪問リハビリを御希望の方は、まず担当のケアマネージャーにご相談ください。
Q、自分の家で入浴したい!買い物に行きたい!こんな要望でもいいの?
A、動作や介助の方法、または福祉用具・住宅改修の提案など必要な要因を一緒に考えます。
PAGETOP