院長ご挨拶


●近年リハビリテーション医学は急速な進歩を遂げ、益々その重要性が指摘されています。当病院は、東京都内にある急性期治療後の回復期リハビリテーションの専門病院です。136床のすべてが回復期リハビリ病床で、休日リハビリ診療体制をとっており、365日毎日のリハビリが受けられます。

●脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷などによって起こる片麻痺、言語障害、嚥下障害、高次脳機能障害などに対してのみならず、脊髄・脊椎疾患、骨折や人工関節置換術などの手術後の運動器疾患に対しても十分なリハビリを行っております。

●当院のリハビリテーションでは、各専門分野のスタッフが協力し合い、情報の共有とともに集中的リハビリを行い、機能回復による家庭復帰、社会復帰を目指すことを目標としています。

●平成24年12月より、当院では摂食機能検査(嚥下造影検査、内視鏡検査)の設備・体制を整えました。自立への第一歩は口から摂取する食事も重要です。経鼻経管栄養や胃瘻から経口摂取に移行する際に、当検査によって、食物の嚥下機能について直接的に病状を確認することができるため、的確な判断と対応策が検討できるようになりました。

●当院の入院中にたとえ病状の急変があっても、当院関連グループの急性期病院が近隣にあり、迅速、かつ適切な医療が可能でありますので安心です。さらに、当院退院後の維持期リハビリテーションについても、当院関連の施設によるリハビリの利用も可能であり、訪問リハビリなどの連続的な治療体制も整えております。

宮上 院長プロフィール
氏名 宮上 光祐
略歴 1965年 日本大学医学部 卒業
1966年 日本大学医学部脳神経外科入局
      (日本大学医学部大学院入学)
1974年 日本大学医学部 講師
1981~1983年 米国 国立衛生研究所(NIH)
      NINCDS, Surgical Neurology Branch 留学
1992年 日本大学医学部脳神経外科 助教授
      駿河台日本大学病院 脳神経外科部長
2003年 日本大学医学部脳神経外科 教授
2008年 苑田会竹の塚脳神経リハビリテーション病院 院長
資格 日本脳神経外科学会 専門医
日本リハビリテーション医学会 認定臨床医
日本脳神経外科漢方医学会 理事
身体障害者福祉法 指定医
著書 ・病気の形態学(共著)・学際企画
・わかりやすい脳脊髄のMR・CT  新興医学出版
・初めて学ぶ脳神経疾患の漢方診療 新興医学出版
・わかりやすい画像からみた脳卒中リハビリテーション
    ‐よくある症例を中心に‐ 新興医学出版

病院の理念

  • 当病院は、脳血管疾患、運動器疾患の急性期治療後の回復期リハビリテーションを行い、各専門分野のスタッフが協力し合い、集中的リハビリによる機能回復により家庭復帰・社会復帰を目指すことを目標としています。
  • 医療スタッフは、常に患者さまの立場に立って信頼される医療、リハビリを目指して、愛情を持ってリハビリ、看護にあたります。

基本方針

  1. 高度医療・看護・リハビリテーションの知識を高め、リハビリテーションを集中的に実践します。
  2. 各専門職の情報の共有とともに、チーム医療に基づいた医療を提供します。
  3. 患者様の立場に立って信頼される医療、リハビリを目指して、愛情を持ってリハビリ、看護にあたっていきます。
  4. 集中的リハビリにより早期の患者様の機能回復とともに家庭復帰、社会復帰を目指します。

患者様の権利

  • 患者様の人間としての尊厳を保ち、その人格や価値観を尊重される権利を守ります。
  • 差別されることなく、良質で最善の医療を公平に受ける権利を守ります。
  • 治療方法やケアの内容などを自らの意思で選択し、決定する権利を守ります。
  • 診療上の個人情報の秘密が守られ、プライバシーの保護を守ります。
  • 病気や治療について、十分な説明と情報提供を受ける権利があり、これを守ります。
PAGETOP