当院リハビリテーションの特徴
ニューロリハビリテーション
リハビリテーションの効果を高める最新治療

脳卒中後運動麻痺に対する経頭蓋磁気刺激療法と末梢磁気刺激療法
Transcranial magnetic stimulation and peripheral magnetic stimulation for poststroke motor weakness

はじめに
磁気刺激装置では、特殊なコイルを用いて、1)頭皮上から大脳皮質運動野を刺激する(経頭蓋磁気刺激)、2)手足の皮膚の上から各種筋肉の神経終末を刺激する(末梢磁気刺激の両者を施行することができます。
当院では、脳卒中後の運動麻痺を認める患者さんの治療に経頭蓋磁気刺激と末梢磁気刺激を組み入れたリハビリテーション治療を行っていますので、簡単に紹介します。

磁気刺激とは
頭皮あるいは手足の皮膚の上に置いたコイルに瞬間的に電流を流すことによって誘導磁場を発生させ、コイルよりも数cm離れた部位に渦電流を発生させることによって、大脳皮質や各種筋肉の神経終末を刺激する方法です。


経頭蓋磁気刺激(Transcranial Magnetic Stimulation: TMS)と末梢磁気刺激(Peripheral Magnetic Stimulation: Peripheral MS)
 
経頭蓋磁気刺激では、大脳皮質運動野直上にコイルを置いて大脳皮質運動野を刺激することによって、刺激反対側の手足に運動を誘発することができます。また、末梢磁気刺激では、最も回復させたい運動機能に必要な筋の筋腹を直接に刺激することによって、目的とする運動を誘発することができます。当院では、集中的なリハビリテーションにこのような磁気刺激を組み込んでいます。


治療効果
リハビリテーション単独に比較して、経頭蓋磁気刺激を併用したリハビリテーションが有効であることが数多く報告されています。当院では、経頭蓋磁気刺激と末梢磁気刺激を併用するニューロリハビリテーションを行い、さらに治療成績を向上させています。

磁気刺激治療担当者
責任医師:山本 隆充 (ニューロモデユレーションセンター長)
     脳深部刺激、脊髄刺激、大脳皮質運動野刺激、経頭蓋磁気刺激など
     のニューロモデユレーション治療に多くの経験があり、日本定位機
     能神経外科学会会長、日本ニューロモデユレーション学会会長、世
     界ニューロモデユレーション学会日本支部会長、世界脳神経外科学
     会神経リハビリテーション委員会事務局長などを歴任している。
担当医師:原田 忠(脳神経外科専門医)
連携医師:深谷 親(日本大学脳神経外科診療教授)

担当リハビリテーション技師
     伊藤貴史、谷川絵里子、石井健史、小林武司、櫻井大暉、
     川口俊太朗、久保岳斗、佐藤智仁、朝倉俊太郎、中村恒太、
     江見翔太


私たちが担当いたします!




◆日常生活動作を客観的な視点で

   3次元動作解析装置

当院では3次元動作解析装置を使用し、歩き方や動作フォームを分析し、それが良い動きなのか、悪い動きなのかを詳細に評価しています。
計測したものを患者様に見ていただき、客観的な視点でご自身の身体の状態を確認していただきます。



ポータブル3次元動作解析装置
マイオモーション(ノラクソン社製)


◆快適に入院生活を過ごすために
圧力分布測定装置FSA/BodiTrak


入院生活では1日の大半を車椅子で過ごすことが多くなってきます。座位姿勢や使用する車椅子クッションの性能により、ある部分に圧が集中してしまい、褥瘡の原因、更なる姿勢不良を招いてしまいます。

 当院では月に1回患者様の座位姿勢を座圧計を使って評価し、適宜調整を行なっています。

 


◆一人ひとりの身体状況に適した車椅子・補装具の選定と貸出

当院では、一人ひとりの患者様に適した車いすを使用して頂くことにより、不良姿勢による弊害を防ぎ早期回復を図ります。レンタル業者との提携により、入院中に使用して頂く車いすは豊富なラインナップの中からリハビリスタッフが選択・調整を行ったうえで、無料で使用して頂いております。





Copyright© SONODA Medical Corpration. All Rights Reserved.

〒120-0006 東京都足立区谷中5-9-11
電話:03-3605-1108(代)