薬剤科

薬剤科では
患者様一人一人、リハビリに必要な薬剤を検討し、
長期にわたる場合も適正な治療を提供し、
ご退院後も納得して服用してくださるようお手伝いします。

~ご入院~
入院前から相談員の情報を元に、入院中も必要なお薬を提供できることを確認しています。
持参されたお薬をお預かりして内容を調べ薬によるアレルギーや飲み合わせ等も確認します。
持参分も極力使用させて頂き、なくなったら同じ内容のものを当院から処方します。



~安全・正確に~

忙しくても間違いが起きないよう、人の目、自動分包機、調剤支援システム、を使用して確認しています。
また、のみ薬・注射・貼薬など、お一人様ずつ1回分をセットしています。

~薬剤管理指導~
薬剤管理指導を行っています。薬歴を管理し、カルテ、検査データ、訪室記録を参考に、副作用予防に努めています。不安なことがあればご相談ください。
病棟スタッフに声をかけていただければお部屋にお伺いします。



~情報の共有と活用~
医師・看護師・リハビリスタッフなど皆で情報を共有し治療方針の決定に尽力しています。
たとえば、
・めまい、ふらつきが起きやすい薬剤の一覧を作成
・血中濃度の測定が必要な薬剤をリストアップして処方量を確認
・腎臓、肝臓の病気などで量の調節が必要な場合、量の計算
など
患者様が退院に向けてリハビリに専念できるよう、お薬の面から協力しています。

Drug Information
医薬情報室です

~院長回診風景~
緑衣が薬剤師です。

~ご退院~
退院後もお薬が必要な患者様もいらっしゃいます。
特に再発予防に服薬は重要なポイントです。
必要性を理解されたうえで医師の指示通り飲んでいただけるよう
薬剤情報とともに、わかりやすくまとめてお薬をお渡ししています。




~その他~
薬事審議委員会、医療安全委員会、感染対策委員会、医薬品情報伝達、医薬品安全管理などに携わっています。

薬局内研修 2018/7/22 「~電解質異常~第二回Kを中心に」




PAGETOP