入院案内

回復期リハビリテーション病棟とは?
脳血管疾患や大腿骨骨折などの発症、または手術後2か月以内(人工関節置換術、神経・筋靭帯損傷の場合は1ヵ月以内)の患者様を対象に、早期離床、ADLの向上を目指し、患者様の生活の質の向上、家庭復帰・社会復帰に向けた集中的なリハビリテーションを提供いたします。

医師・看護師・リハビリスタッフ・ソーシャルワーカー・薬剤師・管理栄養士など様々な専門職がチームとなり、患者様に適したプログラムを作成いたします。

回復期リハビリテーション病棟の対象となる患者様 発症から転院までの期限 入院上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、クモ膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、脳神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、または義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 2ヶ月以内 180日
多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折の発症後又は手術後の状態 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後の状態 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

障害者病棟とは?

脊髄損傷後の肢体不自由の方、疾病等による重度の意識障害、肢体不自由の方、パーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症などの神経難病の方など、長期間にわたって集中的な医療を必要とする患者様のためにトータルケアを実践する病棟となります。

当院の障害者病棟は、脊髄損傷後の患者様に特化した設備を整えております。


障害者病棟の対象となる疾患
脊髄損傷、重度の意識障害、筋ジストロフィー、重度肢体不自由者(身体障害者1級・2級 *脳卒中の後遺症の患者および認知症の患者を除く)
多発性硬化症、重症筋無力症、スモン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、ハンチントン病、プリオン病、亜急性硬化性全脳炎、ライソゾーム病、副腎白質ジストロフィー、もやもや病(ウイルス動脈輪閉塞症)、脊髄性筋萎縮症、球脊髄性筋萎縮症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎 
パーキンソン関連疾患  パーキンソン病
進行性核上性麻痺
大脳皮質基底核変性症
 多系統萎縮症 シャイ・ドレガー症候群
オリーブ橋小脳萎縮症
綿条体黒質変性症

<受け入れ身体状況>(回・・回復期病棟、障・・障害者病棟)
 受け入れ可能   応相談  受け入れ不可
 
人工呼吸器 感染症
酸素 CV,IVH
経管栄養 生活保護
気管切開
備考:応相談は状態・状況によって、受入可能となるケースを想定しています。

入院から退院までの流れ

入院

・入院手続き、担当医からの説明
・入院生活を送る上での注意点の説明
入院中

・1週間から10日前後で1回目のリハビリカンファレンス
・毎月1回、担当スタッフ間でのカンファレンス
・担当医からの病状説明
・適宜、看護師・リハビリスタッフ・医療相談員との面談、入院生活でのご報告
退院後の生活を決める

自宅への退院の場合
   リハビリスタッフによる家屋調査、ケアマネージャーの選定、家族指導、外出・外泊練習
施設・病院の場合
   ご家族による施設見学、施設の選定と申込み
退院

・退院後の通院先の選定
・通院後のリハビリや、在宅サービスの案内
※患者様によっては、上記内容通りではない場合もありますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。

PAGETOP